子供の左右脳の

発育バランス治療

 

Hemisphericity(ヘミスフェリシティー)とは、左右の脳の働きの機能的なバランスの崩れをいいます。左右の脳はそれぞれ違う働きをしながら絶えずコミュニケーションをとっている関係から、このHemisphericityによって様々な症状が出ます。

 

特に子供の脳の発育時期にこの左右脳のバランスが崩れると、脳や身体の発育だけでなく、感覚運動、行動、知性、感情、社交性、そして学業に良くない影響を与え、ADHDDyslexia、アスペルガー、自閉症、チックなどの発達障害に発展する可能性が高まります。また脳の発育バランスの崩れは自律神経失調、アレルギーや喘息などの症状とも関係があることがわかっています。

 

よしざわカイロプラクティックでは機能神経学に基づいたブレインバランスプログラムによって、子供の脳の発育バランスを整える治療を行っています。ブレインバランス治療は発達障害、及びその予防、そしてお子さんの脳の発育にとって最適な状態を作り出すために科学的に証明された効果の高い治療法です。

 

FAQ

左右脳の発育バランスが崩れるとどうなるのでしょう?

脳は様々な刺激を受けることで発育します。視覚、聴覚、嗅覚、触覚、感覚受容体、三半規管などすべての感覚器を通して絶え間ない変化にとんだ刺激を受容しながら発育するのです。

 

脳はこれらのすべての感覚器からの刺激を受容し、整理して分析し、そして表現します。表現とは、運動、行動、感情、知性、社交性、そして学業などです。

 

ところが様々な原因から、左右脳の発育バランスが崩れると、感覚受容、そして脳の整理分析のバランスが崩れ、その結果、表現に影響が出ます。その影響の影響とは、落ち着きが無い、コミュニケーションが出来ない、感情表現が人と違う、動きがぎこちない、姿勢が悪い、目を合わせない、そして言語や学業の遅れなどという形で現れます。

 

原因は何ですか?

左右脳の発育バランスが崩れる原因は複数要因のコンビネーションです。遺伝、妊娠時の母親の体調や精神的な安定度、出産時の直接的な首や頭蓋への怪我、幼児期の怪我、てんかん、栄養の偏り、脳への刺激の減少、コンピューターやテレビゲームによる脳の発育への悪影響、アレルギー、環境毒素などの要素の重なりが多ければ多いほどリスクが増えます。  

                      

具体的な治療法を教えて下さい。

 

機能神経学のヘミスフェリシティーモデル(左右脳のバランスの崩れモデル)に基づいて、すべての感覚運動のバランスをとる治療を通し、左右脳の発育を整えることで、運動、知性、感情、行動、社交性、学業などに良い変化を作り出します。投薬をしない、副作用の無い安全な自然療法です。 

具体的な治療モダリティーは

  1. 機能神経学矯正で、機能が弱い脳部位へ刺激を与える。機能神経学矯正は、刺激の効果が大きくそして長持ちすることがわかっています。
  2. 5感のバランスを整える感覚運動刺激を行います。脳のバランスが崩れると5感のバランスも崩れているのです。
  3. 大脳と小脳は直接つながっています。脳バランスが崩れていると、バランス機能バランスも同時に崩れます。眼球運動、バランス運動を通して三半規管そして小脳を刺激し、バランスを整えます。
  4. アイライトを使い特定の脳部位に刺激を送る。特定の方向そして色によって脳の違った部位を刺激します。
  5. インタラクティブメトロノームを使い左右脳のコネクション及びタイミング機能を向上させる
  6. 過敏症治療。脳バランスの崩れから腸機能が低下することで食物過敏症を発症しやすくなることが知られています。
  7. ダイエット指導、サプリの処方、等です。